小顔になりたい女性必見!顔痩せする2つの小顔マッサージ!

小顔マッサージ

「モデルの佐々木希ちゃんのような小顔になりたい」と願う女性は数多く存在するでしょうが、自己流で小顔矯正マッサージを行ったところで小顔になるはずがありません。顔痩せ目的で行う小顔マッサージで目に見えるような成果をあげるためには、大きなカギを握る2つのマッサージポイントがあるからです。

この2つのポイントをしっかりと押さえて普段から小顔矯正マッサージを行えば、美容器具に高い費用をかけたり顔にメスをいれなくても小顔になる事が可能です。

その2つのマッサージポイントとは、アトラスと呼ばれる第一頸椎(けいつい)と頭蓋骨です。それぞれについて細かく説明していきましょう。

1.小顔矯正で必要な2つのマッサージポイント

1-1.アトラス(第一頸椎)マッサージ

頸椎の一番上の骨の事を第一頸椎(だいいちけいつい)、またはアトラスとも呼ぶのですが、アトラスは「脳神経」と背中を通る「脊髄神経」をつないでいる重要なパイプ役なのです。重たい頭を支えて頭の動きをスムーズにするという役割も果たしています。

ですから、人間の体の根幹となる最も重要な部分で頭と体のパイプ役を司っているアトラスに障害が起きると、そこを通る血液やリンパ液の流れにも悪影響が生じ、これが顔太りの大きな原因になってしまうのです。

アトラス(第一頸椎)へのマッサージ方法ですが、頭側の首の付け根にある左右のくぼみに親指をあて、親指以外の4本の指は後頭部に添えて頭部全体を支えるようにします。

そして、両手親指に力をこめてアトラスを押し込み、顔を上に向けながら頭蓋骨を後ろ側にひっぱるようなイメージでマッサージしていきましょう。

1-2.頭蓋骨マッサージ

頭蓋骨は大きな1つの骨のかたまりで、それが首の骨の上に乗っかっているように思われがちなのですが、実は頭蓋骨は23個もの骨がジグゾーパズルのようにくっついてできているのです。

23個の骨それぞれは当然頑丈にくっついているわけですが、日々の生活の中で微妙にズレが生じてしまっているのです。ひとたび小さなズレや歪みができれば、そこからドミノ倒しのように大きな歪みへと変化していくのです。

小さなズレがやがて頭蓋骨全体のゆがみにまで広がり、それが原因でフェイスラインに左右で歪みが生じたり、顔が大きく見えてしまう事になるのです。

頭蓋骨矯正マッサージを継続して行う事によって様々な良い変化が起こります。首や肩の凝りが緩和されるのはもちろんの事、小顔になるので目がぱっちりと大きく見えるようになりますし、フェイスラインもリフトアップします。顔の筋肉の血液の流れも良くなって、肌に艶やハリも出てくる事でしょう。

2.小顔矯正マッサージを行うのは夜寝る前

小顔矯正を行う時間に特に決まりはないのですが、心身共にリラックスした状態で行う事が良いとされていますから、お風呂上りにストレッチなどをした後、血液やリンパ液の流れが良くなった状態の時に行うのがベストでしょう。

1日動き回って生活した中で生じたズレや歪みはその日のうちに矯正するという意味でも、就寝前に小顔矯正マッサージを行うのは合理的で良いかもしれませんね。

小顔になるためのマッサージをする上で注意しておきたい事がいくつかあります。

それは、反動をつけずにゆっくりと丁寧に行うという事、痛みが出ない程度にソフトに圧力をかけるという事、骨格を支える体幹を鍛えるためにも、呼吸をしながら矯正マッサージを行うという事ですね。

予約殺到のウィメンズ整体サロンが作ったフェイスバンド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です