無理な顔の筋トレは小顔になる方法とは真逆の行為!

小顔になる方法自宅

30代や40代でも顔がしわやシミだらけの人がいる一方で、60代、70代と年齢を重ねても顔のシミやしわが少なく、魅力的な表情の人がいるのはなぜでしょうか?

そういう人は、得てして顔の表情に変なクセがなく、顔の筋肉をバランスよく使えているからなのです。

私達は普段人と話をする時、ご飯を食べる時、声を出して笑う時など、起きて生活している間は絶えず顔のどこかしらの筋肉のを使っています。

もしも顔の筋肉の使い方に変なアンバランスなクセがあったりすると、目や口を少し動かしただけでも顔のどこかの筋肉を引っ張りながら生活している事になりますし、その結果、皮膚を伸ばしてしまってしわやシミができてしまう原因になるのです。

口角や目尻が引っ張られて下がってしまうと、そのたるみやしわをお化粧で一生懸命隠そうとしても、だんだん老け顔の印象が隠せなくなってしまうものです。

しかしこういう話を聞いて、顔にできてしまった変なクセを直そうと思って自己流で顔のマッサージや筋トレを行ってみても、かえってアンバランスさを強調させてしまって逆効果になる事が大半です。

今までの生活の中で動かしてこなかった筋肉は脳からの指令が伝わりにくく、つまり、感度が鈍くなってしまっていますから、ちょっとやそっとのマッサージなどでは動いてくれなくなっているのです。

自己流で間違った小顔トレーニングをしてしまうと、日頃よく動かしている筋肉はせっせと動いてくれるのですが、今まで動かしてこなかった筋肉は一向に鍛えられませんから、更に両者のギャップが広がって、余計にアンバランスな、老け顔へと進行してしまうのです。

顔にしみついたクセを取り除くには、まずは脳からの指令を出して貰えるように顔の神経を鍛え、そしてその後に顔の筋肉を鍛えるというのが理想的な流れなのです。

逆に正しいトレーニングさえ行ってあげれば、顔の筋肉バランスが整い、崩れて下がってしまっていた口角や目尻がキュッと上がってきてくれるのを実感できます。

顔の筋肉を鍛えるのには遅すぎるという事はない!

一般的に「お肌の曲がり角」は25歳と言われていますが、「顔の筋肉の曲がり角」は何歳なのかと言えば、これは実はもっと早くて、20歳ころと考えられています。

つまり、お肌よりも内側の筋肉の衰えの方が早く始まっているという事で、老化は見えない所からジワジワと始まってしまっているのです。

例え今はしわやシミがほとんどなくて若々しいハリのある肌をしていたとしても、皮膚の下では既に筋肉の衰えは始まっているのです。

顔に限らずどの筋肉もそうなのですが、筋肉は日頃から使わないとどんどん萎縮していき、確実に老化していきます。

その証拠に、しばらくの間運動やトレーニングをしていないと、体がなまったり動かなくなりますよね?久々に運動をした時などに自分の動けなさ度合いに愕然とした事のある人も多いはずです。

子供の頃は弾力性に富んでいた筋肉も、使わずに怠けさせてしまうと徐々に固まってしまい、動かそうとしてもスムーズに動いてくれない弾力性のない筋肉に変わってしまうのです。

しかし、大丈夫です。

筋肉は年齢に関係なくちゃんと鍛えれば発達するようにできています。

まだ若くても日頃から動かしていかければどんどん老化しますし、その逆に年齢を重ねている人でも鍛えてあげれば柔軟性を取り戻してくれるのです。年齢を重ねても肌にハリがあってしわも少ない人がいるのはこういった背景があるのです。

ですから、「もう年だから小顔になるのは無理だよ」「もう今更小顔マッサージを始めても意味がないよ」という事は決してなく、小顔になるためのマッサージはいつから始めてもその効果は顔に必ず現れます。

人の老化そのものを食い止める事はできませんが、正しい表情筋のトレーニングを続ける事で老化のスピードを半分に遅らせる事は十分可能ですし、継続して小顔マッサージを続けていけば健康な筋肉を長く維持する事が可能になるのです!

小顔になるために地道に小顔マッサージを続けた人と、「もういいや!」と何もしなかった人とでは、10年後、20年後にびっくりするような“見た目年齢の差”になって現れるのです。

予約殺到のウィメンズ整体サロンが作ったフェイスバンド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です