エラの張った輪郭を髪形でごまかす毎日でした。

エラ隠す髪型

私は昔から母親譲りのエラの張った輪郭が大嫌いでした。

「芸能人はあんなにきれいな卵形の輪郭をしているのに、どうして私はこんなに不細工な輪郭なんだろう」、「顔の大きさは普通なのでこのエラさえなくなれば良いのに…」とずっと思ってきました。

なので思春期を迎えた中学生の頃から私はなるべく小顔に見せるために、エラの張った輪郭を隠すように前髪をタランと垂らしていました。こうすることで自分が小顔になれたような気がして嬉しかったのです。それから高校生になっても前髪を垂らした状態を続けていたのですが、やっぱりエラ自体がなくなっているわけではないので鏡を見るたびにため息をついていました。

しかも母親から「前髪をそんなに垂らしてたら暗い印象になるから、結んだ方が良いんじゃない?」と言われ結んでみると、確かに明るい印象にはなるものの、どうしてもエラが恥ずかしくてすぐに戻してしまいました。

自分がそうだっただけに、今でも前髪をタランと垂らしている女性を見ると、顔の大きさエラ張りがコンプレックスなのかな?と思ってマジマジと見てしまいます。

こんな風に人の事までもジロジロと見てしまう自分も嫌で、「もうエラで悩むのは嫌だ!」と思い、私はその日から小顔になるために色々と対策をすることにしました。

効果のなかった小顔ローラー・・・

まずは当時流行っていた「小顔ローラー」です。太ももや二の腕など自分が気になるポイントにコロコロと転がすだけで簡単にすっきりむくみもなくなってしまうという話題の商品が当時流行っていたので、さっそく近くのドラックストアーで購入してから自宅で試してみることにしました。

私はその時気になっていた太ももと、顔周りを念入りにローラーでコロコロしていました。

毎日お風呂上りにマッサージのつもりで続けていたのですが、一向に顔周りに変化は表れず、結局小顔ローラーなんかで小顔矯正をすることはできませんでした。

それから私が大学に進学し、アルバイトを始めると金銭的にも少し余裕が出始めました。

そこで今度は小顔メイクをするべく美容化粧品を集めることにしました。小顔メイクとは影を利用することで疑似的に小顔を作れるというものです。

この方法はテレビでも放送されていて、そのメイク法を利用して大きな顔の芸能人がすっきりとした印象に大変身していたので、私も是非試してみたいと思ったのです。

まず私が買ったのは「ハイライト」と「シェーディングパウダー」です。シェーディングパウダーは影をつくるのが目的なので自分の肌よりもすこし暗めの色を選択して購入しました。

そしてさっそく自宅で実践です!まだまだ慣れない化粧ですが、テレビでやっていた方法を真似ながらやってみると…私が影をつけすぎてしまったのか何なのか…なんだか外国人のような宝塚歌劇団の人のような不自然な出来上がりになってしまいました・・・(泣)

その後何度も化粧をし直しても失敗するばかり…恐らくこの小顔メイクは目鼻立ちがはっきりしている人には良い方法だとは思うのですが、私のような薄めの顔には似合わないのだと思います。

テレビのように私も劇的に小顔に変われるとばかり信じ込んでいたので、このときばかりはショックを受けました。

モチベーションを保って小顔マッサージを継続!

 

もう私にはなす術がないのだろうか…とあきらめかけていた私ですが、その時に芸能人がエラを削る整形手術をしたことが大々的に放送されていて、この時に私はかなりの衝撃を受けました。

「今はこんなに綺麗な輪郭をしているのに、昔は私と同じようにエラが張っていたんだ!」

と、私はなんだか励まされたような気持ちになりました。

「私も最終的に小顔にする方法がなくなったら、小顔矯正の手術を受けよう!」と心に誓ってからは、なんでもいけそうな気がしてきた私。

とりあえずエラをなくしたかったので、毎日お風呂上りに化粧水と乳液をつけるときに、エラをなでるように顎から耳もとまで輪郭をなでるようにマッサージしました。それを毎日続けていくうちになんだかエラがすこしづつなくなっていくような気がしました。

それから大学を卒業し、社会人になった2年目にはエラの張りがだいぶ目立たなくなり、昔と比べてずいぶん小顔になりました。ただ輪郭にそってなでるだけの小顔矯正法でしたが、私にはこの小顔マッサージの方法が一番合っていたのだと思います。

小顔になるためには日々の努力の継続のみ!

それからも毎日この方法を続けながら、いつも小顔に見えるような髪型をしようと日々勉強を続けています。最近になって分かったのですが、どうやらその人の輪郭によって似合う髪型とそうでない髪型があるようです。

私は今ではだいぶエラの張りが目立たなくなってきたものの、まだ完全にエラがなくなったわけではありません。昔よりかはだいぶ自分の顔を受けいれることができるようにはなってきましたが、まだまだ小顔になるべく努力は続けるつもりです。

いまは社会人になってだいぶ金銭的に余裕が持てるようになったので、今度は美容エステで小顔になろうと思っています。

こうして色々な小顔矯正法を試していくことで、自分にあった方法を見つけていくことが重要だと私は思います。私には合わなかった小顔ローラーや小顔メイクが合う人もいると思いますし、やり方は人それぞれです。

なので小顔になるためには毎日少しづつでも良いから努力を続けていくことも非常に大切だと私は思います。骨を削る以外では近道はありませんからね。

またこうして努力をすることで少しずつ小顔に近づけているような気がしますから、モチベーションやテンションも上がって良いと思います。自分も顔の大きさで悩んでいる…という方は自分に合った方法をじっくりと研究していくことで小顔への道に近づけると思います。

予約殺到のウィメンズ整体サロンが作ったフェイスバンド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です