小顔注射やボトックスによるエラ張り矯正は実際どうなの?

エラボトックス

顔のエラの出っ張りが気になって長年のコンプレックスだという女性にとっては、少しでもエラの出っ張りを矯正して四角い顔をしゅっとしたいと考えるものです。

エラのコンプレックスを抱える多くの女性はエラが張っているのは「骨格のせいだから自然な方法では対処しようがない」と考え、エラの張りをなくすためにはエラ削りの外科手術か、ボツリヌス・トキシン(通称ボトックス)をエラに注射するしかないと“勘違い”してしまうのです。

実際には継続的な小顔矯正マッサージでエラの張りをなくし、小顔を手に入れる事は十分可能なのですが、美容整形やボトックス注射に関する世間の間違った認識を鵜呑みにしたり、芸能人やモデルがやっているからという安易な理由から自分自身もボトックス注射に気軽に手を出してしまう女性も少なくありません。

しかしボトックス注射は一度やってしまうと依存性もあり、結局はデメリットの方が大きいので何か重大な理由がない限りは美容整形やボトックス注射は安易に手を出してはいけないものなのです。

気軽にできるボトックス注射こそ要注意です。

ボトックス注射はわずか数分の注射だけなので短時間で終わりますし、料金も外科手術に比べると格安な事から、エラをとりたい女性にとってはボトックス注射は一定数の割合で好まれて利用されています。

ボトックス注入直後から普段通りの生活もできますから一見もの凄く良いエラ取り方法のように思えるのですが、このボトックス注射には恐ろしい2つの大きな欠点があるのです。

1.顔の筋肉が衰弱してフェイスラインがたるんでしまう

顔のエラに注入するボツリヌス・トキシン(通称ボトックス)はたんぱく質の一種で、筋肉の収縮を弱める働きがあります。

そもそもエラが出ている女性の原因として、骨格が飛び出ているかエラの部分の筋肉が発達する事で顔が大きく見えてしまうのですが、ボトックス注射はこの発達した筋肉にたんぱく質を注入する事で、筋肉の活動を抑制するのです。

エラの部分の筋肉は機能しなくなるので顔周りのフェイスラインは希望通り徐々にスッキリしてくるのですが、これはあくまでも見せかけ上顔が小さくなっただけの一時的なものですし、何よりも顔の筋肉の働きを抑制してしまう事は、小顔を手に入れる上で最もやってはいけない事なのです。

顔は骨格の上に筋肉があり、そしてその更に上に皮膚が乗っかっています。しかしこの筋肉が衰えてしまうと、その上の皮膚がたるんでしまい、顔のしわやたるみの原因にもなりますし、顔の筋肉を衰えさせてしまうという事は血液やリンパの流れも悪くなりますから、老化を早めてしまう事にもつなるのです。

つまり、一時的には顔が痩せて小顔に見える効果は期待できるかもしれませんし、一時的な美を求めてモデルや女優さんがボトックス注射に手を出してしまっています。しかし、ボトックス注射は根本的に見れば小顔になるばかりか、むしろ小顔からは遠ざかる施術をしてしまっている事になりますから、絶対に手をだしてはいけない治療法なのです。

いびつで、違和感のある顔になってしまった女優さん、いっぱいいますよね?名前は書けませんが・・・

美容整形外科の先生やその家族が、絶対にボトックス注射を自分自身には行わないのはこのためです。一時的な見せかけの美しさではなく、体の中から綺麗にしていく努力を継続的に行っていきましょう。

2.ボトックス依存の恐怖

普通に考えればわかる事なのですが、エラ部分の注入したボトックスの効果は数か月から長くても半年しか持続しません。

数か月経つとボトックスを注入する前のエラが張った顔に逆戻りしてしまうのですが、一度エラがなくなった顔を経験してしまった女性は、元の顔に戻る事を嫌って必ずまたボトックスを注入する事になるのです。こうして一生ボトックス注射なしでは生きられない顔になってしまうのです。

単純にそれだけなら、何かしらの覚悟があれば途中で注射を辞められるかもしれません。

しかしボトックスの怖い所は、注射を辞めてみると顔にしわが目立つようになり、肌が老化している事が目に見えてわかるようになる事なのです。注射の効き目が切れた頃、鏡で自分の顔を見た女性は愕然とするでしょう。ですから、注射を打たない事にはいられないのです。

ただでさえ女性の肌は非常にデリケートです。ボツリヌス・トキシンのような人工的な異物を外部から注入するなんて行為はしてはいけません。自然な形で適度に顔の筋肉をつけ、小顔マッサージで肌をひきしめ、ナチュラルな方法でエラのない小顔を目指していきましょう。

予約殺到のウィメンズ整体サロンが作ったフェイスバンド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です