【保存版】絶対に知っておきたい小顔美人になる7つの習慣

小顔になる

顔というものは不思議なもので、「変わりたい」「綺麗になりたい」「小さくしたい」という気持ちを強くもって頑張れば、人工的な技術を顔の中に加えなくても十分小顔になったりできるものです。

しかし、誰でも簡単に1日や2日で小顔美人になれるわけではありません。正しい知識にのっとった毎日の地道な努力の積み重ねで顔の歪みやたるみを矯正し、小顔を手に入れる事ができるのです。

ここでは整った小顔美人になるための7つの習慣を紹介します。この7つを毎日意識しながら取り入れるだけで、1か月も継続すれば見違えるような小顔を手に入れる事ができるでしょう。さあ、今日からさっそく実践していきましょう。

1.顔や体の歪みを生むクセを矯正する

左右で口角の位置が違っていたり、頬の出っ張り具合が違っていたりと、顔が左右で非対称なのは顔が歪んでいるからに他なりません。根本的に顔が歪んでいる状態ではいくら小顔マッサージを行った所で小顔にはなりませんから、まずは顔の歪みを矯正しなくてはいけません。

顔を矯正すると言っても美容整形手術や小顔注射などをするわけではありません。顔が歪んでしまったのはこれまでの長年の日々の生活の中で歪んでしまったのですから、また時間をかけて少しづつもとに戻していけば良いのです。

例えばよく足を組むクセのある人はそのクセを見直しましょう。常に片側の足を上にあげて組むなどしていると骨盤がずれてしまいます。体の軸となる骨盤が歪んでしまうと背骨、首の骨、頭蓋骨と、全てに歪みが連鎖してくるのです。

首の骨や頭蓋骨が歪んでしまうと血流やリンパの流れが悪くなり、結果的に顔がむくんだり余計な脂肪もつきやすくなるのです。

駅のホームなどで立っている時にいつも同じ方の片足に体重をかけるクセやカバンをいつも同じ方の手で持つという女性も、それが背骨や骨盤のずれ、歪みにつながりますので注意が必要です。

また、テーブルで頬づえをつく習慣がある女性もこのクセを矯正しなくてはいけません。直接的にあごに圧力をかける事になりますから骨が圧迫されて歪んでしまうのです。それほど強くあごを押していなかいとしても、それが習慣化していると毎日の圧力の積み重ねで骨格が変形してしまうものなのです。

2.猫背を矯正する

猫背もまた、小顔になる事から遠ざかってしまう悪しき習慣です。

猫背の女性は常に前傾姿勢でいる事になりますから、背中の筋肉が伸ばされたままになってしまい、うまく縮んだりして運動できなくなるのです。すると肩の方の筋肉ばかりに負荷がかかる事になり、肩の筋肉が緊張して血液やリンパの流れが悪くなってしまいます。

首の骨と頭蓋骨は密接に関係していますから、肩の筋肉が緊張するとそれと連動して顔周りの血液循環も悪くなって顔がむくみやすくなるのです。もちろん猫背の女性が常に前傾姿勢でいる事は肩こりや首の骨の歪みにも影響します。

このように猫背は顔の歪みやむくみにつながりますから、小顔になるためには猫背を矯正して姿勢を正しくしなければいけないのです。

3.左右両方の歯でよく咀嚼して食べる

食事をする際に左右どちらかの歯だけで噛むクセのある人はこれを矯正しなければいけません。左右どちらかの歯ばかりを使っていると顔の筋肉の発達度合いに差が出てしまうため、エラが張ったりと顔が歪む原因になってしまいます。顔面が左右非対称で歪んでいる人の中で、この噛み癖のある人が実に多いというのも特徴です。

左右対称の整った小顔になるためには、まずはバランスを良くするために両方の歯でまんべんなく咀嚼する事が重要なのです。

また食事の際にたくさん噛む事は他にもメリットがあります。たくさんの回数を噛む事で顔の筋肉をつける事ができますから、顔に余計な脂肪がつきにくくなるのです。またたくさん噛むことで満腹中枢が刺激され、少ない量の食事でも満腹感を感じられるため、食べ過ぎを防止する事ができるのです。小顔になるだけではなく、ダイエットにも効果的なのです。

4.1日に2リットル以上の水を飲む

1日に最低でも2リットル以上の水を飲む事によって、むくみのないすっきり小顔になる事が可能です。

水をたくさん飲む事によって体内の血流の流れを良くし、顔や体の老廃物を排出するのです。「水をたくさん飲むと顔がむくんで見えるんじゃないの?」と心配する女性もいるのですがその逆で、体内の水分が不足している事で体の血液循環が悪くなり、むくんでしまうのです。

水分であれば何でも良いという事ではなく、当然ながら糖分の含まれたジュースや清涼飲料水など余計な脂肪をつける事になりますから避けなければいけませんし、アルコールの摂取は体内のアルコールの分解に水分が使われてしまって逆に水分不足になってしまいがちです。

水を飲む差はキンキンに冷えた水を飲むのではなく、常温の水をゆっくりと飲むようにしましょう。あまりにも冷たい水は体を冷やし、代謝を落としてしまいます。一気飲みも飲んだ水がすぐに尿として出てしまう事になりますから、時間をかけてゆっくりと飲む事が体内の水分を確保する上で効果的です。

5.たんぱく質を多く摂り、炭水化物をひかえる

顔がたるんで輪郭が大きく見えてしまうのには、顔の筋肉量の減少も大きく関係しています。女性は年齢を重ねるにつれて何もしなければ顔の筋肉量が減っていきますから、整った小顔になるためには表情筋を鍛えて顔がたるんだりしないようにする事が重要なのです。

ダイエットをするために野菜類ばかりを食べて肉類をたべない女性もいますが、そのような極端なダイエットは逆に筋肉量を減らしてしまうので小顔になる上では無意味です。一時的に体重こそ落ちるかもしれませんが、顔や体の筋肉まで落ちてしまいますから、痩せにくい体になってしまいますし、贅肉がつきやすい体質にもなってしまいます。

筋肉量が少ないと脂肪が燃焼しない体質になってしまいますので、脂肪は落としても筋肉量はある程度は落ちないようにダイエットをする事が重要なのです。

そのためには油量の少ない赤身の肉、魚類、豆類などからたんぱく質をしっかり摂る事が重要なのです。

お肉をたくさん食べると太ると考えている女性もいるかもしれませんが、油でギトギトのお肉を過度に食べない限りはたんぱく質を食べても太る事はありません。むしろ体重を増やしてしまい脂肪体質に変えてしまうのは炭水化物です。

特に夜9時以降にご飯やパンなどの炭水化物を食べると燃焼されずにそのまま脂肪として体に蓄えられてしまいますから、なるべく夜8時までには炭水化物を食べないように気をつけましょう。どうしても仕事の関係で夕食の時間が夜10時、11時と遅くなってしまうという女性は、夜の6時や7時くらいにおにぎり1つをそれだけ先に食べるなどをすると良いでしょう。

6.表情を豊かにするように心がける

人間は喜怒哀楽を顔の表情で表す事によって相手に気持ちを伝える事ができるのですが、「笑う」という表情1つでも実にたくさんのパターンがあり、その豊かなバリエーションを生み出すのが口や目などの周りにある7種類の表情筋なのです。

心の底から楽しいと感じてこみあげてくる笑いは、この7種類の表情筋をバランスよく働かせてくれますし、バランスよく表情筋が働くからこそ美しい笑顔が現れ、笑う事でストレスの発散にもなりますから、心身共にポジティブな効果が得られるのです。

ですから、ちゃんと心の底からこみあげてくる本心の笑いは顔の表情筋を鍛えるという意味でも非常に価値があるのです。

しかし、愛想笑いや、笑っていてもどこかぎこちない表情になってしまっている場合には、表情筋をうまく動かす事ができないのです。ですから、いつも心の底から笑えてないという女性は慢性的に顔の筋肉が運動不足になってしまっていると言えるのです。

表情筋は使わなければどんどん固くなって老化が進んでいきますし、顔の血液の循環も悪くなるので様々な肌トラブルも引き起こす事になります。

更に悪い事に、表情に乏しくて表情筋を使えていない女性は顔が太りやすくなるという悪循環も生まれます。

表情筋の運動不足が続くと筋肉が細く頼りなくなってしまいますから、顔に余計な脂肪もつきやすくなってしまうのです。体と同じ構造ですね。体の体幹や筋肉がしっかりしていれば脂肪がつきにくいのと同じで、顔の筋肉や骨格がしっかりしていれば余計な脂肪はつかないのですが、筋肉がついていないと脂肪がつきやすくなるのです。

顔の筋肉は体の他の筋肉よりもデリケートなため、より脂肪がつきやすくたるみやすい構造になっています。ですから、小顔になるためには毎日ちゃんと表情筋を動かしてエネルギーとして脂肪を燃焼させて表情筋を鍛えなければいけないのです。表情を豊かさにして輪郭をしゅっとさせ、小顔を手に入れるようにしましょう。

7.仰向けで睡眠するクセをつける

睡眠姿勢も小顔になるためには気を付けたいポイントです。

うつ伏せや横向きでの睡眠姿勢は顔を左右どちらかに向けて寝る事になるので、顔の片側や鼻が睡眠中に圧迫されてしまうので、それが顔の歪みの原因、顔がたるんで大きくなる原因になるのです。

また頭蓋骨への問題だけではなく、うつ伏せや横向きでの睡眠姿勢は顔の皮膚や筋肉が下に向いてしまう事になりますから、顔の筋肉も下向きになりたるみの要因を作りだしてしまう事にもなります。ですのでこれらを回避するためには仰向けで寝るのがベストです。

理想の睡眠姿勢をキープするために高反発マットレスなどを利用するのも1つの方法です。睡眠中はどうしても体、特に腰の部分に圧力が加わってしまいますから、それをうまく分散させてくれる高反発マットレスの利用は体への負担を極限まで減らす事ができます。

背骨や骨盤が歪むとそれはすなわち顔の歪みにも関係してきますから、睡眠時には顔の向きだけではなく、いかにリラックスした態勢で眠りにつく事ができるかを意識するようにしましょう。

予約殺到のウィメンズ整体サロンが作ったフェイスバンド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です